Music ViVid Life

皆様に役立つ音楽情報をお届けします。

ブルーノ・マーズの生い立ちを振り返ってみる

 

f:id:oisanoisan:20170516143127j:plain

 

今、世界でもっとも勢いのあるアーティスト、ブルーノ・マーズ

今回は、そんなブルーノがスターダムを登りつめるまでの生い立ちについて、掘り下げてみたいと思います。

ブルーノ・マーズは、1985年のハワイ、ホノルル生まれ。父親プエルトリコ出身、母親はフィリピンの出身だそうです。

お父さんもアーティストだそうなので、ブルーノのたぐい稀なる音楽センスは、お父さん譲りのカリブの血なんですね。

幼少の頃は、プレスリーのモノマネが得意で、テレビ番組に出演することもあったほど上手だったそうです。ブルーノはこの頃から音楽の才能を開花させていたんですね。

高校時代はバンドを組んでいたそうで、現在でも時々ドラムを披露しています。そして高校卒業後はホノルルからロサンゼルスへ旅立ちます。

借金生活も経験する苦労人だった

そんなブルーノ・マーズですが、当時から今に至るまで、ずっと順風満帆でスター街道を歩んできたわけではありませんでした。

ロスに渡ってからは、こちらもまだブレイクする前のNE-YOと縁があり、曲作りやパフォーマンスなど、アーティストとしての極意を学んだそうです。

そして2004年、弱冠18歳のブルーノ・マーズは、モータウン・レコーズと契約を結びます。モータウン・レコーズは憧れの存在だったので、とても喜んでいたそう。

このまま順調に行くかと思いきや、たった1年で契約を解除されてしまいます。行くあてもなく路頭に迷い、借金をしていた時代もあったんだとか。

そこで彼は、毎晩パブでステージを披露する、地道な活動を始めます。

ブルーノの存在は徐々に知られ始め、プロデューサーであるフィリップ・ローレンスの目に止まります。この出会いがきっかけとなり、アトランティックレコードとも契約。

そしてついに2010年、B.o.B ft. Bruno Marsとして「Nothin' on You」をリリースすることに。全米チャート1位を記録する大ヒットに結びつきました!

その年、薬物所持で逮捕されるなどのアクシデントを経験しながらも、デビュー曲「Just the Way You Are」をリリースし、こちらも全米やヨーロッパ、日本を含む世界的な大ヒットとなりました。

現在はアーティストへの楽曲提供の他、フィリップ・ローレンスとのプロデューサーチーム「the Smeezingtons」としても活動するなど、その才能を存分に発揮しています。

 

ブルーノは自身の下積み時代を振り返り、「あの頃の経験は自分にとって貴重な経験だった」とのちに語っています。

ホノルルから18歳で単身ロスに渡ったことで、自らチャンスを切り拓いていったブルーノ・マーズ。どんなに才能のあるスターでも、下積み時代を経験して今があるのですね!

バンド業界に新しい風。宿泊施設付きライブハウスが登場

 

f:id:oisanoisan:20170516145801j:plain

  

ホテルの予約が取れない!疲弊するバンドマンたち

 

近年の日本への海外旅行者数の増加により、大阪・東京といった都市部での宿泊施設の予約が困難となってきています。ビジネスホテルでの一日の宿泊費も、一人に付き平均1万5000円と、以前では考えられないほど価格が高騰しています。

 

この煽りを受けて、最も影響を受けているのがインディーズのバンドマンたち。まだまだ贅沢な暮らしが出来ない彼らは、全国ツアーでさえも自分たちで車を運転し、機材を運びます。複数人で変わり替わりに運転するとはいえ、数週間にわたるツアーによりかなり身体に負担を受けることになります。

 

そんなバンドマンたちの過酷な現状

低価格で宿泊施設を手配できないバンドマンたちは、なんと車中泊や漫画喫茶で一日の疲れを癒しているそうです。きちんとした寝床で休めないというのは、疲れも蓄積していきますし、やはり体に毒であることは間違いありません。

 そのような状況を見て、ライブ会場を運営しているある方がとても素敵な提案をしました。それは、ライブ会場の二階に宿泊施設を併設することです。しかもビジネスホテルの平均価格を下回るというかなりお得な低価格だとか。

 その第一人者となったライブ会場が梅田シャングリラです。

 

www.shan-gri-la.jp 引用 梅田シャングリラ公式ホームページ

 

経営者インタビューによると、もともとはカフェだった二階の部分をクラウドファンディングにて募金を募り、この宿泊施設付きライブハウスを実現したそうです。

 

夢を叶えるクラウドファンディング

クラウドファンディングとは、簡単に言うとホームページなどを通して自分の実現したい計画を一般の人々や企業に公開し、出資してもらうシステムです。社会に貢献できるようなシステムを作るには、ある程度損得勘定なしで実行する必要がありますよね。

この宿泊施設付きライブハウスを提案した方の目的は、利益を得ることではありません。この方は、過酷な条件で夢見て努力している若者を応援したいという大きな野望を原動力としてこのプロジェクトを立ち上げたのでしょう。

どんなに自分のやりたいことでも、あまりにも過酷な現場であればミュージシャンになると言う夢を諦めてしまう若者も続出してしまう可能性があります。そうなれば音楽業界はどんどん縮小していき、大手のアーティストのみが日本の音楽業界を引っ張って行くことになるでしょう。真に実力のあるミュージシャンとはなんでしょうか。そのようなミュージシャンにはきっと大手のバックアップや、広告宣伝がなくとも音楽業界のトップに君臨できるはずです。インディーズバンドへの支援が広がり、音楽業界が盛り上がることを期待したいですね。

 

サマーソニック2017にも出演!カサビアンってどんなグループ?

f:id:oisanoisan:20170516144612j:plain

 

2017年のサマーソニックには、フー・ファイターズカルヴィン・ハリスなど、人気アーティストが続々登場予定!

早くもこの夏が楽しみになってきました!

そんな中、今年も出演するらしい!とすでに話題を呼んでいる「カサビアン」。

これまで何度もサマーソニックに出演している”常連”なので、すでにご存知の方も多いことと思いますが、今回は「サマーソニック予習企画」として、このカサビアンについて調べて見たいと思います。

サマーソニック常連のカサビアン

カサビアンは1997年結成。イギリス・レスターを拠点に、世界で活動するロックバンドです。

途中、メンバーの入れ替わりはありましたが、常に4人体制で活動。

現在のメンバーは、トム・ミーガン、セルジオ・ピッツォーノ、クリス・エドワーズ、イアン・マシューズの4人となっています。

イギリス出身ということもあり、その人気ぶりから「ポスト・オアシス」の呼び声も高く、世界的にも注目のバンド。

「21世紀にデビューしたバンドの中では、もっとも成功している」とも言われているほどの人気です。

カサビアンはこれまでに6枚のアルバムをリリースし、そのうち4枚が、全英1位を獲得するなど、地元イギリスでは特に愛されていることがわかります。

そんな彼ら、実は日本に何度も来日しているバンドでもあります。

特にサマーソニックには毎年のように参加しており、熱いステージでオーディエンスを沸かしてくれています。今年も大いに期待できそうですね!

3年ぶりのニューアルバム「For Crying Out Loud」をリリース!

そんなカサビアンですが、2017年5月には、3年ぶりとなる待望のニューアルバムがリリースとなりました。

前作「48:13」のリリースは2014年ですが、アシッド・ハウスやヒップホップ、エレクトロサウンドなど、ジャンルを超えた楽曲が豊富で話題になりました。

今回の「For Crying Out Loud」は、前作とは打って変わって、原点回帰とも言える作品なのが最大の特徴。

ギターロックが中心の、かっこいいロックサウンドに仕上がっており、まさにロックファンの歓喜の声が聞こえてきそうな内容です。

前回はアルバム作りにかなりの時間を費やしたそうですが、今回のアルバムは、純粋なかっこいい音を短時間で録音することにこだわったそうです。

 

今回のサマーソニックではこのアルバムの曲が中心となりそうですので、参加される予定の方はぜひ予習しておきましょう!

今年はどんなステージが繰り広げられるのか?早くも楽しみですね!

三代目J Soul Brothersのドキュメンタリー映画「Born in the EXILE」レビュー

f:id:oisanoisan:20170516143315j:plain

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの三代目J Soul Brothers

そんな彼らに密着したドキュメンタリー映画が2016年に公開されました。今回は、その映画についてのレビューです。

ドームツアーの密着ドキュメント

アーティストのドキュメンタリーであれば、ファンにとっては涙無くしては観られない貴重な作品となるでしょうが、それ以外の人にとっては通常興味がないでしょう。

しかしこの映画は、今日本でもっとも人気のあるアーティストが、苦悩の日々を過ごしながらも乗り越え、夢を叶えていく映画ということもあって、とても興味深く拝見しました。

内容は、三代目の夢だったドームツアーを実現するまでの軌跡。

彼らは人知れず、下積み時代を耐え抜き、人気者になったのです。突然スターダムに登りつめたわけではありません。

だからこそ、トップアーティストになった今でも、陰の努力を忘れない。筋トレも、ボイトレも、常に真っ向勝負で真剣に取り組みます。

インタビューや、ふとした場面からわかる人柄の良さ。きっと、下積み時代からいい意味でなんら変わっていないであろう人間性や本質は、観ていて気持ちが良い。

7人全員が、人としてとても魅力的なのです。普通は7人もいれば、1人くらいは調子に乗っている人がいてもおかしくないようなものですが。

注目はボーカルの今市さん

そんな中でも、注目を浴びるのは今市さんでした。ボーカルということもあってか、それでも相棒の登坂さんよりも、格段に彼の登場シーンが多かったように思います。

きっと、彼の言動は映画としてドラマティックで絵になりやすいのでしょう。

他のメンバーはドラマや映画、バラエティと幅を広げる中、彼だけはあえて、真摯に歌と向き合っていて潔さを感じるのです。

泣いて笑って、彼の持つ豊かな表情が、クールな印象の三代目に人間らしさをもたらす。

そして、ライブではひときわ輝きを放ちます。

ラストのコメントは胸を打たれます。今市さんは職人さんから転身したそうですが、やはり覚悟が据わっていると感じました。

本編の中で、ボーカル2人が1曲の歌詞を徐々に作り上げていく様子が度々映ります。

その曲を聞いた瞬間、3万分の2として選ばれた2人の苦悩や葛藤は相当なものであったろうことが頭をめぐり、そんな思いも報われたような気がして晴れやかな気分になりました。

なるほどこの声は、三代目やファンの宝物なんだろうな。人気が出るのもうなずける。

 

そして、タイトルのロゴが誰かの手書きで何とも微笑ましいなぁと思っていたら、これは今市さんの直筆なんだとか。

字はその人の内面を表すもの。劇中でもとてもきれいな字で作詞をしていて、また一つ彼らの良さを見出した気がしました。

ボルダリング?車掌体験?最近のカラオケが個性的すぎる

f:id:oisanoisan:20170516183054j:plain

 

ただ歌うだけじゃない!最近のカラオケ事情

 

日本人が発明した文明の利器・カラオケボックス

カラオケは世界でも人気になりつつありますが、日本人の大半が一度は利用したことがあるのではないでしょうか?誰もが思い浮かべるカラオケで出来ることと言えば、歌唱力の採点、ドリンク飲み放題、食事のオーダー・・・・などでしょうか。いえいえ、最新のカラオケボックスはそのようなレベルではありません。知らなかった方はびっくり仰天の事実でしょう。

 

 

カラオケでボルダリング体験が!?

 

f:id:oisanoisan:20170516184036j:plain

 

関西圏内で展開されている「ジャンカラ」での試みです。カラオケの個室の中の壁が、ボルダリング用にアレンジされています。もちろん壁の下はふかふかのクッションで怪我防止対策はきちんとされています。はっきり言って、他人が歌を歌っている時・・・・・暇じゃないですか?(失礼ですが)そんなあなたに朗報ですね。つまらない歌を聴きながら、隣でボルダリングに勤しみハッスルしてはいかがですか?

 

 

コスプレレンタル

全国展開中の「カラオケ館」の一部店舗ではコスプレレンタルサービスが実施されています。人気のAKBのコスプレやアニメキャラのコスチュームなど、選り取りみどりです。ハローウィンと言ったイベントなどでコスプレをするのは恥ずかしいけれど、個室であれば堂々と楽しむことができますよね。コスプレをしながら該当する楽曲を歌えば盛り上がること間違いなしです。

 

 

車掌体験ができるカラオケ

こちらは最近開始されたサービスです。カラオケの楽曲一覧になんと「南海高野線 天下茶屋〜難波」と言う題名の楽曲が!実は歌やメロディは何も入っていません。該当する区間の映像(なんと車掌席からの眺め!)とともに、車内のアナウンスのセリフが画面に表示されます。実際の運行と全く同じタイミングで映像とともにアナウンスができるなんて鉄道オタクには夢のようなカラオケですね。現在こちらのサービスは、鉄道ファンの方だけでなく小さいお子様のいるファミリーにも大人気だとか。

 

 

マッサージ機が個室に!

このサービスは複数のカラオケ店に導入されています。リラックスルームと言ったような名前がつけられています。その名の通り、個室の中には立派なマッサージ機が設置されています。肩のコリをもみほぐすと、より一層お腹から声が出そうですね。仕事の休日で疲れを癒しながらカラオケでストレス発散。とっても充実した時間を過ごすことができる最高のシステムですね。

 

 

カラオケの進化は止まらない

カラオケ業界で競争が激しくなり、進化のスピードも加速しています。次々と斬新なサービスが提供されるので、今後の動向も十分に期待できますね。カラオケの未来はきっと明るいでしょう。