Music ViVid Life

皆様に役立つ音楽情報をお届けします。

色褪せない名作「デトロイト・メタル・シティ」

f:id:oisanoisan:20170516144436j:plain

 

2008年に公開された、松山ケンイチさん主演で話題になった邦画「デトロイト・メタル・シティ

先日、久々に観たので改めて感想をレビューします。

この作品はもう何度も観ているのですが、何度見ても毎回同じシーンで笑ってしまいます。展開もわかっているんですが、松山さんが面白くてつい笑ってしまうんですよね。

松山ケンイチさんがいなければ成り立たない作品

まず評価すべき点は、なんと言っても松山ケンイチさんの演技力でしょう。彼の主演でなければ成り立たなかったのではないかと思うくらい、圧倒的な存在感が素晴らしいです

一人二役と言っていいほどの振り幅がある役柄ですが、どちらも見事な表現力で、完璧になりきっているところがすごいと思います。

笑いを誘う話し方やしぐさ、表情をしたかと思えば、ライブシーンではデスメタルの世界を忠実に再現するだけでなく、かっこよくパフォーマンスしてしまうあたりはさすが役者さんです。

デスメタルに興味のない方でも楽しめるし、聴くことのできる作品なのではないでしょうか。

脇を固める豪華俳優陣もまた素晴らしい仕事をしてくれています。個人的には、母親役の宮崎美子さんが、田舎のお母さんとしていい味を出していて気に入っています。

笑いをしっかり取りながらも、離れて暮らす息子を見守る、温かくて優しい母親像をしっかり演じていらっしゃると感じます。

松雪泰子さんの、思い切った新境地の役柄も見ていて爽快です。よくオファーを受け入れたなと思いますが。

原作を尊重したから成功した

さらに、こちらの作品の原作はもともとはコミックなのですが、原作の世界観を壊さずに、映画は映画なりのオリジナリティを表現できている点も、高く評価できるところだと思います。

原作がコミックの場合、実写化するとたいていは低い評価をつけられがちです。

しかしこの「デトロイト・メタル・シティ」に関しては、原作のファンである方々も納得の作品だったようで、高いレビューを維持しています。

原作を尊重しながら、似せるところは似せて、映画なりの表現に変えるところは大胆に変えたところが功を奏したのではないかと思います。

公開当時は、コアなファンがたくさんいて、グッズも発売されていて人気だったそうです。未だに「デトロイト・メタル・シティ」が大好きという方も見かけます。

 

公開されたのは2008年ですが、今見てもまったく色褪せていませんでした。

笑いもあって、ちょっぴり泣ける、さらに音楽性も楽しめる作品です。まだ見ていないという方はぜひチェックしてみてください!

【2017年最新版】今年のサマーソニックは誰が出るの?(東京2日目・前夜祭)

f:id:oisanoisan:20170516144203j:plain

 

前回に引き続き、今回はサマーソニック2017、東京公演の2日目出演アーティストをご紹介します。こちらも初日に引けを取らないくらい豪華なアーティストが揃っています!

見どころはFOO FIGHTERS

MARINE STAGE

こちらはFOO FIGHTERSMAN WITH A MISSIONなど、男らしい熱いステージが期待できそうです。

MOUNTAIN STAGE

KESHAやG-EAZYなど、音楽のメインストリームに触れるチャンスです。

SONIC STAGE

注目のSUM41は、世界的に熱狂的な人気を誇るパンクバンド。

さらにグッド・シャーロット。日本ではグッシャーという略称で親しまれている、こちらもパンクロックバンドです。

パンキッシュな熱いステージになること必至です!

RAINBOW STAGE

レインボーステージの注目はクリープハイプ。映画主題歌にもなった新曲「イト」が好調な4人組ロックバンドです。

BEACH STAGE

  • R3HAB
  • BIG GIGANTIC

GARDEN STAGE

19日のJUANA MOLINAのステージにも客演として登場するEGO-WRAPPIN'が、こちらにも出演されるようです。

前夜祭のソニックマニアには誰が出る?

サマーソニック本番の前日夜には、ソニックマニアと呼ばれる前夜祭が行われ、こちらも毎年盛り上がります!今年はどんなアーティストが出演されるのでしょうか?

前夜祭の注目はなんといってもリアム・ギャラガーさんではないでしょうか?元オアシスの彼はソロとして初のアルバムとなる「As You Were」のリリースを2017年に行うと予告しています。

そちらのアルバムからのステージ披露となるのか!?注目が集まっています。

2日目の出演アーティストはまだまだ発表されそうですね。さらにどんなアーティストが追加されるのか?今後の情報更新が楽しみです!

【2017年最新版】今年のサマーソニックは誰が出るの?(東京1日目)

f:id:oisanoisan:20170516144038j:plain

 

毎年音楽ファンを楽しませてくれる夏の風物詩となっている、「サマーソニック」。

2017年のサマソニが早くも待ちきれない!

ということで、現段階で決定しているサマーソニック東京の今年の出演アーティストを見てみましょう!

ちなみに、サマーソニックは東京と大阪の2ヶ所で行われ、各2days公演。

2017年の開催日は、8月19日(土)と、8月20日(日)。さらに前夜祭として行われる「ソニックマニア」は8月18日(金)開催となっています。

8月19日  注目はCALVIN HARRIS!

MARINE STAGE

マリンステージでの注目はやはりカルヴィン・ハリスでしょうか。カルヴィンはスウェーデン出身の、今や世界的に大人気のDJです。

この豪華メンバーの中にピコ太郎さん!2度と観られない貴重なステージになりそうです。

MOUNTAIN STAGE

ここで注目したのはSuchmos!車のCMのテーマソングとして大抜擢され、注目を集めています。

アシッドジャズやブラックミュージックなど、ジャンルの垣根を超えてかっこいい音楽を届けてくれているSuchmosに期待しましょう。

SONIC STAGE

  • JUSTICE
  • ABOVE & BEYOND
  • BLOOD ORANGE
  • DECLAN MCKENNA
  • KUNGS
  • KALEO
  • LANY

人気急上昇中のLANYも登場します。

RAINBOW STAGE

夏フェスのディーバ、miwaさんが出演されます。さわやかなステージになりそうですね!

BEACH STAGE

暑さを吹き飛ばすスカパラのかっこいいステージに期待!

GARDEN STAGE

JUANA MOLINAのステージには、EGO-WRAPPIN’からボーカルの中納良恵さんが客演として登場されるとのこと。こちらも楽しみですね!

以上が8月19日(土)に行われる東京公演の出演者ラインナップです。今後もさらに更新されていくと見られますので、要チェックです!

Crystal Kay feat. 今市隆二の「Very Special」を聴いてみた

f:id:oisanoisan:20170516143832p:plain

 

2015年リリースの、クリスタル・ケイさんのアルバム「Shine」を聴きました。その中に収録されているVery Specialについての感想です。

Crystal Kay feat. 今市隆二三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)としてデュエットが実現したこの曲。

元々はデブラ・ロウズが兄と歌った曲ですが、過去にもジェニファー・ロペスなどがカバーして話題になりました。

 

先日、三代目J Soul Brothersドキュメンタリー映画「Born in the EXILE」を観たことも重なり、この曲を聴いてみました。

クリスタル・ケイさんのお父さんはアフリカ系アメリカ人なので、完全にブラックミュージックの血を引いている彼女。

さらに両親ともにアーティストで、生粋の音楽一家なんだそうです。

そうと分かれば、彼女と張り合える男性シンガーはなかなか見つからないだろうな、というのが個人的な印象。

しかし曲を聴いてみると、今市さんがとても良い仕事していることに気がつきました。

デュエットというのは、どちらかがメインの場合、相手はそれを超えずに引き立てるのが礼儀だと思っています。

今回はクリスタル・ケイさんのアルバム収録曲なので、今市さんはフィーチャーされる側。

元々優しい声質なので、クリスタル・ケイさんを包み込むようなエスコートぶりが見事で、でしゃばっていない点がさすがだと思いました。

 

 

さわやかで好感の持てる2人ですよね!声質も合っています。

そんなクリスタル・ケイさん、これまでどんな男性アーティストとコラボしたのか調べてみました。

過去にはライオネルリッチーともデュエットしていた

ケミストリーと「Two As One」でコラボしていました。悪くないのですが、3人の声質があまり交わっていない気もします。

さらにSkoop On Somebodyともデュエットしていますが、どちらもアピールが強く、もったいない印象を受けました。

そしてなんと、ライオネル・リッチーともコラボ!その映像がこちらです。

 

 

2人ともとても上手なんですが、クリスタル・ケイさんがちょっと遠慮がちで、控えめのような気がしますよね。

この曲は言わずと知れた、ライオネル・リッチーダイアナ・ロスのデュエットが原曲ですので、相当なプレッシャーだったことと思います。

そして、見た目として不釣り合いな印象は拭えません(笑)年齢の違いはありますが、やはりダイアナ・ロスがしっくりきますね。

クリスタル・ケイさんも、今市さんと歌っている時の方が、等身大で恋してる顔でしたよね?とても素直な方のようです(笑)

 

というわけで、クリスタル・ケイさんと今市隆二さんの「Very Special」、とても素敵な楽曲に仕上がっていました!2番も素敵なので、ぜひ聴いてみて下さい!

ミスチル桜井さんのCD購買プロジェクトが素敵すぎると話題に

f:id:oisanoisan:20170516144904j:plain

 

2017年5月10日、Mr.Childrenはデビュー25周年を迎えました。

そしてこの日の0時ちょうどには、配信限定のベストアルバム「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」と「Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25」の2作を同時に配信開始。

ミスチルといえば、これまで配信限定で楽曲をリリースすることはなく、「CD」で作品を作ることにこだわってきたアーティスト。

ボーカルの桜井和寿さんは、以前にテレビ番組でも「CDの文化を大切にしたい」と語っていました。

そして、「I ♡(ラブ) CD shops!」というプロジェクトを立ち上げたそうです。

こちらは、ライブなどで訪れた地方のCDショップに、「I ラブ CD shops!」と書かれたCD型のステッカーに直筆サインを入れたものを配布する運動。

スマートフォンなどで音楽コンテンツが手軽に買える時代に、あえてCDショップに足を運んで、作品を買うお客さんへの感謝と敬意を込めてプレゼントしてほしいとのこと。

「田舎の小さなCD屋さんなどにも配布しているらしい」ということで話題になりました。 

こんなにビッグなアーティストが、街の小さなCD屋さんを訪れるだけでもすごいニュースなのに、直筆ステッカーまでプレゼントしてくれるなんて、まさに神対応ですよね!

CDを創る立場として、情報発信を続ける桜井さん。

デビュー25周年のベストアルバムは意外にも配信限定というものでしたが、CDと配信、どちらの良さも享受しながら上手に取り入れて、楽曲やアーティストをリスペクトする心は忘れたくないですね!