Music ViVid Life

皆様に役立つ音楽情報をお届けします。

色褪せない名作「デトロイト・メタル・シティ」

f:id:oisanoisan:20170516144436j:plain

 

2008年に公開された、松山ケンイチさん主演で話題になった邦画「デトロイト・メタル・シティ

先日、久々に観たので改めて感想をレビューします。

この作品はもう何度も観ているのですが、何度見ても毎回同じシーンで笑ってしまいます。展開もわかっているんですが、松山さんが面白くてつい笑ってしまうんですよね。

松山ケンイチさんがいなければ成り立たない作品

まず評価すべき点は、なんと言っても松山ケンイチさんの演技力でしょう。彼の主演でなければ成り立たなかったのではないかと思うくらい、圧倒的な存在感が素晴らしいです

一人二役と言っていいほどの振り幅がある役柄ですが、どちらも見事な表現力で、完璧になりきっているところがすごいと思います。

笑いを誘う話し方やしぐさ、表情をしたかと思えば、ライブシーンではデスメタルの世界を忠実に再現するだけでなく、かっこよくパフォーマンスしてしまうあたりはさすが役者さんです。

デスメタルに興味のない方でも楽しめるし、聴くことのできる作品なのではないでしょうか。

脇を固める豪華俳優陣もまた素晴らしい仕事をしてくれています。個人的には、母親役の宮崎美子さんが、田舎のお母さんとしていい味を出していて気に入っています。

笑いをしっかり取りながらも、離れて暮らす息子を見守る、温かくて優しい母親像をしっかり演じていらっしゃると感じます。

松雪泰子さんの、思い切った新境地の役柄も見ていて爽快です。よくオファーを受け入れたなと思いますが。

原作を尊重したから成功した

さらに、こちらの作品の原作はもともとはコミックなのですが、原作の世界観を壊さずに、映画は映画なりのオリジナリティを表現できている点も、高く評価できるところだと思います。

原作がコミックの場合、実写化するとたいていは低い評価をつけられがちです。

しかしこの「デトロイト・メタル・シティ」に関しては、原作のファンである方々も納得の作品だったようで、高いレビューを維持しています。

原作を尊重しながら、似せるところは似せて、映画なりの表現に変えるところは大胆に変えたところが功を奏したのではないかと思います。

公開当時は、コアなファンがたくさんいて、グッズも発売されていて人気だったそうです。未だに「デトロイト・メタル・シティ」が大好きという方も見かけます。

 

公開されたのは2008年ですが、今見てもまったく色褪せていませんでした。

笑いもあって、ちょっぴり泣ける、さらに音楽性も楽しめる作品です。まだ見ていないという方はぜひチェックしてみてください!